不登校になりにくい学校の選び方とは?

不登校の原因とは何か?

子どもが不登校になることは、いま時ではめずらしくありません。仕事で疲れている大人と同じように子どももストレスをためやすい状況となってきているのです。そもそも子どもが不登校になってしまう原因は、何なのでしょうか。理由は一人ひとり違うのですが、大きくは友達関係、勉強や運動の悩みが多いようです。子どもは、学校へ通うことが1日の中で大きい割合を占めています。そのため、学校が自分の世界の中心として捉えていることが多く、その中での問題が他人から見たら些細な事でも、本人にとっては大きな問題となってしまっているのです。友達と喧嘩をしてしまった、先生にうまく自分の思いを伝えることができない、勉強や運動が思うようにできない等が具体的に挙げられます。

学校の選び方も考えてみよう!

不登校になりにくくするための学校の選び方はあるのでしょうか。それは学校の教育方針や先生方の様子などでは、判断しにくいと思います。これらのことは、入学前に情報を得にくいことでもあります。入学前にできることは、「学校へ行きたくない」と子どもが言ったら、どのように対応してくれるか学校に質問しておくことでしょう。保健室登校が可能だったり、時間だけの登校が可能だったりすると不登校への対処が万全な学校と言えるでしょう。また、家から学校まで子どもが通いやすい距離であるかということも考慮する必要があります。登校に負担があるとますます行きたくない気持ちになってしまうので、子どもと相談して学校を選ぶと良いでしょう。